子供に危険性を認知させる為のアイテム

通学時の防犯対策について

小中学生の通学等で生徒が事件に巻き込まれる事があります。命を守る為に生徒側はどのような防犯対策をする必要があるのでしょうか。まず一人で通学しない事が挙げられますがこれは一人で行動する事で襲われた時に助けを呼んでも誰も来ない可能性がある為です。友達数人と一緒に行動するか人気の多い場所を通るようにしましょう。基本ですが知らない人について行かない事も重要で特に小学生の子供には教えておく必要があります。人を疑う事を知らない子供もいるので注意しておきましょう。またゆっくり同じ車がついてきたり、同じ歩行者がついて来ていると思ったら走って距離を離すか人のいる建物に避難しましょう。近くに交番等警察官がいる場所があるならそこでも良いので安全を第一に考えましょう。また防犯アイテムを使用するのも効果が高いです。防犯ブザーは高い音で相手を怯ませる効果があり人も集めやすいので相手を追い返す事ができます。いざという時すぐ使える様に子供の手の届く場所に設置してあげましょう。学校によっては防犯訓練をする場合もあり子供達に危険性や対策を教える事があります。それに加えて親が子供に防犯の重要性を教える事で危険性を認知させる事ができるでしょう。

通学の時の防犯方法に関する注意点

よくあるのが子供に携帯電話を持たせて通学させたら、学校で担任に取り上げられたというケースです。大事な道具なので学校帰りには返してもらえますが、その時に説教に近いことを言われると思われます。携帯は遊び道具、テストの内容を知る手段などにも使えるので、説教はやむを得ないかもしれません。
携帯を子供に持たせるのは防犯に有益な行動と言えますが、通学先の学校によっては許可をしていない場合があるので、まず担任に相談すべきです。持っていないといけない事情があると学校側が認識してくれれば、担任も認めてくれるはずです。

子供に横断歩道を安全に渡らせるために見守り活動をしていたとします。朝の時間帯は通勤目的で飛ばす車が多いので、黄色い旗を使ったとしても止まってくれないことがあるため、無理に止めない方が無難です。それに制動距離があってすぐには停まれないので、近くではなくやや離れた位置から来る車でなければ止めるのは厳しいため注意しましょう。

子供に防犯ブザーを持たせた際は、イタズラをしないように言いつけておく必要があります。面白半分で使ってはいけない、学校では慣らさないこと、などを厳しく言っておけば子供は賢いので必ず守ってくれるでしょう。

article list

2017年10月16日
不審者のターゲットになる可能性を減らすを更新しました。
2017年10月16日
色んな場所で採用されている効果的な役立ちグッズを更新しました。
2017年10月16日
子供に危険性を認知させる為のアイテムを更新しました。
2017年10月16日
とても心強い身を守るのに有利な道具とはを更新しました。