とても心強い身を守るのに有利な道具とは

通学の時の防犯に使われている方法

朝の通学時間帯に横断歩道や、神社の脇の人通りの少ない道の付近に大人がいることがあります。横断歩道にいる大人達は黄色い旗を使って車を止め、子供が安全に渡れるように手助けしてくれます。他にも、歩道から通学路を見て怪しい人物がいないかのチェックもします。
神社の脇に立っている大人は防犯が目的です。朝夕の時間帯にやって来て、子供が安心して人通りの少ない所を通れるように見守っています。定年退職した地域の人がこの役目を担うことが多いです。

子育て世代の中には通学をする子供達に対し、防犯目的でブザーやアラーム、または携帯電話を持たせて学校に行かせることがあります。ブザーとアラームは押せば大音量の音が鳴り響くので、怪しい誰かに追いかけられたとしても、地域の人に気づいてもらえるので対処可能です。携帯電話も非常事態に連絡を入れれば親が助けに来てくれるので、子供の心の支えとしても役立っています。

小学校では生徒を安全に通学させるために、集団での登校を呼びかけています。怪しい人物が何かをする時は、1人でいる子に対しての場合がほとんどだからです。また、同級生の子が近くにいない場合は、上級生が一緒に通学してあげるので問題ありません。
この動きのおかげで、犯罪に巻き込まれる子供の数は年々減少傾向です。

通販の時の防犯についての色々な豆知識

過去に朝の通学の時間帯に、1人で登校中の生徒に対し車から誰かが声をかけたという事案が発生しています。これに対して一大事と感じた学校や自治体は、地域の人達と連携し子供を守るために動き始めました。その主な取り組みが通学時間帯におけるパトロールです。恐らくですが、後ろにパトロール中と書かれたステッカーが貼られた車を見たことがあるはずです。その車が防犯のために朝夕と見回りをしています。
ただ車で走り回るだけですが、小回りが効いて移動しやすいので防犯だけでなく、治安維持にもつながっています。

子供が怪しい人物に遭遇してもいいように、学校では何かあったら走って逃げるようにと指導しています。例えば通学の時間帯に誰かに追いかけられたとします。その時は一大事なので走って逃げることになりますが、通学圏内にある住宅のいくつかは子供の緊急避難先として許可が出ているので、そこに入れば難を避けられる仕組みです。
学校の体育は走る機会が多いですが、実はこれは身体を鍛えるだけでなく防犯が目的でもあります。子供自身が身を守る術として、走る行為が最も手っ取り早い手段だからです。

学校によっては携帯や防犯グッズの持ち込みを許可している所もあります。どれも身を守る道具として有益なので、持っていれば心強いです。

article list

2017年10月16日
不審者のターゲットになる可能性を減らすを更新しました。
2017年10月16日
色んな場所で採用されている効果的な役立ちグッズを更新しました。
2017年10月16日
子供に危険性を認知させる為のアイテムを更新しました。
2017年10月16日
とても心強い身を守るのに有利な道具とはを更新しました。