持ち運びにも便利なグッズを検討しよう

calendar

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

category

pick up

通学の時の防犯に使える道具の事

通学中の子供に持たせている防犯道具として、最も有名なのは防犯ブザーです。何らかの危機が迫った時に押すと、大きな音が発生するので子供の身を守るために大いに活躍しています。あと、形はとても小さくできているので、持ち運びをする際はポケットに入れるだけで良いのが長所です。使い方も簡単なため、小さい子供にも十分覚えることができます。
販売している場所は総合スーパー、ホームセンターなど様々な所で売られているので購入する店で困ることはありません。

子供に携帯電話を持たせて学校に行かせる親も増えてきています。ピンチが来たら連絡を入れれば親を呼べるので、いざという時に役立つ仕組みです。また、携帯に発信機がついているため、何かが起きた際にも子供を探し出すことができます。
携帯は一昔前に比べると軽量化が進んだので、重さを感じることはあまりないです。なので、肌身離さず持ち続けたとしても、身体への負担はかかりにくいです。

防犯アラームを持つ子供も増加傾向です。音は機種により若干異なりますが、ボタンを押すと耳を塞ぎたくなるような大音量が出る点では共通しています。音がするとかなりの確率で近所の人が様子を見に来るので、防犯に便利です。
ホームセンターにない時は、ネット通販サイトを開けばすぐに見つかります。2千円未満で買えるので、いくつか買っておくと良いでしょう。

防犯グッズで通学時の身の安全の守り方

警察庁の発表によると、誘拐やいたずらの標的はこどもが一番多いといいます。誘拐やわいせつなどが多く、発生した多くの場所は、駐車場や住宅、道路など、子供たちが遊ぶ場所であったり、学校を待ち伏せするケースもあります。

小学校の低学年だとまだ、不審者に気を付けなさいと言ってもどう気をつければよいのかわからない事が多いです。通学時の身の安全を守るためには、親子で一緒になって通学路を歩いて気を付ける場所や不審者にあったらどのようにしたらよいか考えていく必要があります。

通学時に一人であったり、人通りが少ない場所を歩くときには、防犯グッズを検討するとよいでしょう。

防犯グッズには種類があり、防犯ブザーや子供用携帯、GPSなどが販売されています。防犯ブザーは気軽にバックに付けることができ、使い方が簡単ですが、子供たちが遊びに使ったり、誤作動して近所迷惑になったりすることもあります。

子供用携帯のGPSは、誘拐にあった時や居場所がわからない時などにもっているだけでどこにいるかわかるのがメリットで、電話やメールで連絡をとることができます。

携帯用GPSは、月額の料金がかかるものがあり、携帯を禁止している学校もあるので持ち歩くことが難しい場合もあります。

article list

2017年10月16日
不審者のターゲットになる可能性を減らすを更新しました。
2017年10月16日
色んな場所で採用されている効果的な役立ちグッズを更新しました。
2017年10月16日
子供に危険性を認知させる為のアイテムを更新しました。
2017年10月16日
とても心強い身を守るのに有利な道具とはを更新しました。